トイ・ストーリー4の評価は賛否両論か。結末のメッセージとは

トイ・ストーリー4、間違いなく賛否両論です。

たぶん、本作を見て「面白くなかった」という人は少ないです。新キャラもなかなかいいキャラ揃いだし、おなじみのキャラクターも交えたやり取りはそれだけで楽しくなってきます。トイ・ストーリーファンなら確実に楽しめますね。

 
ただし、トイ・ストーリーシリーズが好きな人ほど、今回の結末は受け入れられないかもしれません。

作品としては面白かったと思いますが、結末の評価は別れそう…そんなトイストーリー4が賛否両論になる理由と、結末が伝えたかったメッセージを考察していきます。

 

トイ・ストーリー4のラスト&結末

いきなり、トイ・ストーリー4のネタバレです。

ネタバレがイヤな人は、ここから先は読まないでください。
 
 
 

・・・
 
 
 

トイ・ストーリー4は映画のラストで、ウッディとバズ達が別れます。

 
順を追って話します。まず、トイ・ストーリー3のラストにてウッディたちはアンディのもとから、ボニーのもとへ引き渡されました。トイ・ストーリー最高の名シーンに挙げる人も多いので、印象深いですよね。

ところが、ウッディはボニーのもとでは「遊ばれないおもちゃ」になってしまいます。バズをはじめ他の仲間は毎日のようにボニーのお遊びに選んでもらえるのに、ウッディはクローゼットの中でお留守番が日課になってしまっていました。
 

そんな中、ボニーの旅行先でかつての友人、ボーに再会します。

(ボー:トイ・ストーリー1と2に出演していた、ドレスを着た女性のおもちゃ。ウッディと軽く恋愛関係にあったようなキャラですが、実は途中でアンディの家から居なくなっていました。)
 

ボーは3年前から「持ち主のいないおもちゃ」として生きており、今までの生き方(一人の子供のおもちゃとして生きる生き方)よりも、今のように自由なおもちゃとして生きる生活を気に入っていました。

ウッディは最初それを否定しましたが、ラストでボーと生きていくことを選びます。それまでの仲間であったバズ達とは別れ、ボニーのおもちゃである事を捨て、別々の道を生きていくことを決めたわけです。
 

「えっ!?ウッディいなくなるの?」
 

トイ・ストーリー4が賛否両論になるだろう理由もそこです。

ウッディの成長物語…と言えば聞こえは良いのですが、どうしても今回の選択は今までのトイストーリーの否定に見えなくもないわけです。もちろん、作品自体は面白いと思うし、見れてよかったという気持ちもありますが。
 

トイ・ストーリー4の賛否両論ポイント

賛否両論ポイント1:ウッディの不遇

まずトイ・ストーリー4が評価が別れると思われる理由の1つめは、ウッディの扱いです。

トイ・ストーリー3にて、ボニーはアンディから大事なおもちゃを託されたわけです。トイ・ストーリー3のラストを見て「これからも、おもちゃ達は子どもたちと一緒に生きていくんだ!」と思ったでしょう。
 

でも、実際にはウッディは遊ばれなくなっていた。

それもアンディが人一倍の想いを託したウッディが。
 

いや、別に子供におもちゃの好き嫌いがあるのは当たり前だし、ある程度格差が生まれるのは当然だと思うんです。けど前回のラストを見た人間からしたら、ウッディがクローゼットの中でホコリを被っている姿はあまり見たくないわけです。

おまけに、ボニーはウッディに無関心。

 
ボニーは自分で作ったおもちゃ、フォーキーに夢中になります。

正直いえば、この時点でフォーキー>その他のおもちゃとなったので、不遇なのはウッディだけじゃないのは分かります。でも、ボニーはウッディを見かけても、名前すら呼ばないし本当に無関心なんですよね。

 
序盤、フォーキーは自分をゴミだと言って何度もゴミ箱に入ろうとします。

他にも走る車から飛び降りようとしたり、その度にウッディが止めて、毎回のようにフォーキーと一緒にボニーに発見されます。それでも、ボニーがウッディの名前を呼ぶことすら無いんですよね。

トイ・ストーリー3にて、「大切にしてくれるかな?」とアンディに託されたストーリーからすると、どうしてもウッディの今の扱いにはモヤモヤするわけです。やっぱり、ウッディは中心に居てほしかった。

賛否両論ポイント2:アンディのおもちゃ全般の不遇

今回は、フォーキーというキャラがボニーの愛を一心に受けることになります。

子供が一時的に1つのおもちゃに愛を傾けるのは珍しいことではないですが、ボニーの場合おもちゃに愛情があるのかな?と思わされてしまいます。

 
トイ・ストーリー4で、ボニーはフォーキー以外のおもちゃの名前を呼ばないんですよね。

いや、正確には呼んでいる場面もあったのかもしれませんが、覚えていないほどその場面は少ないです。アンディにおもちゃを託された時に名前を覚えきれなかっただろう、というのはありますが、自分で名前くらいつけても良さそうなのに。
 

そして、トイ・ストーリー3まで登場したキャラは劇中でほとんど出てきません。

ウッディ、バズはさすがに出番が多いですが、それ以外のキャラはほとんど活躍しない。ポテトヘッドとか、喋ってるシーンあったかな?と思うくらいには元アンディファミリーのおもちゃの出番は少ないです。

(いや、もともとボニーの家にいたおもちゃも出番は多くないですが)

 
ストーリーの都合上仕方がないとはいえ、アンディのおもちゃたちの出番が少ないのはちょっと…少なくとも、「トイ・ストーリー4でシリーズは完結です!」とか言われたら「えっ!?」ってなる部分はありますね。

賛否両論ポイント3:ウッディとの別れ

そして一番評価が別れるのは、ラストの結末でしょう。

ウッディはボーとともにボニーの元を去ります。それは同時に、アンディのおもちゃたち、バズやジェシーなど今まで何十年と過ごしてきた友人たちと永遠に別れることを意味しているわけです。
 

なんとなくストーリーは「イイ雰囲気」で終わりますが、

これって、結局ウッディが否定してた”迷子のおもちゃ”

じゃないかと。

トイ・ストーリー4の中でウッディは「自分と遊んでくれる子供はボニーだけじゃない。世の中に子供はいくらでもいる」との言葉に対し、「1人の子供を幸せにするのがおもちゃの使命」みたいな事を言います。結構強い意思で。

けど、ボーといることを選んでしまう。
 

どうしてもこの結末を見ると、

・恋愛を優先して友人を捨てた
・自分が遊ばれなかったから、違う道に逃げた

みたいなイメージがあるんですよね。

 
ウッディがボニーに遊んでもらえないという設定がなくて、その上で今回の選択をしたならいいと思うんです。ボーと一緒に過ごして、広い世界を見てみたいと思ったなら、それはウッディ自身の成長と言っても良いでしょう。

でも、ウッディがもうボニーに必要とされていない状況で、「おもちゃだって自由に生きたって良いんだ!」みたいな結末になると、「仕方なく」今の道を選んだと思えなくもないんです。「それしか道がなかった」の間違いじゃないかと。
 

何より、「誰のものでもないおもちゃ」を選んだことで、アンディとの日々も薄まるような気がして…

たぶんトイ・ストーリー4だけ見たら、今回の結末には何の不満もないと思います。でも、トイ・ストーリーシリーズが大好きな人ほど、今までの物語が否定されるような感じがして悪い評価になるんじゃないかと思います。
 

トイ・ストーリー4が伝えたかったメッセージ

今回のトイ・ストーリー4は、少々大人向けです。

ボーとウッディの恋愛要素が強調されていた点に加え、「存在意義とはなにか?」「生きる意味とはなにか?」みたいな展開になります。もちろん、トイ・ストーリーなのでめちゃくちゃ重いわけではないですが。

 
そして映画が伝えたかったメッセージもまた、

どんな人(おもちゃ)にも生きる意味はある

ではないかと思うんです。

ゴミから生まれたフォーキーは、最初自分のことを無価値なゴミだと思っていた。けど、ボニーに必要とされていることを知り、彼女のために生きる意味を知った。そして物語の最後では、同じように生まれたナイフちゃん?を導くわけです。

また、今まで子供に必要とされず愛されなかったギャビーギャビー。生まれつきの故障(ハンデ)を背負っていても、一時的には必要とされない時期があっても、自分を必要としてくれる人は絶対に入れる。
 

そしてウッディやボー。

おもちゃとして、一人の子供を幸せにするのが絶対だと思っていた。けど、ボーと出会い、(それが良いか悪いかは別にして)新しい生き方を見つけた。そして、まだ持ち主のいないおもちゃを救うようになった。

ボニーに必要とされなくなっていたウッディが、新しい存在意義を見つけたわけです。

 
だから、どんな人にも生きる価値はある。

どんなに絶望的な状況でも、場所や環境が変われば自分を必要としてくれる人は絶対にいる。これが、トイ・ストーリー4に秘められた一番のメッセージだったのではないかと思います。

 

トイ・ストーリー4、やっぱり直接見て欲しい!

ここまで、割とトイ・ストーリー4をこき下ろして来ました(笑)

ただ、別にトイ・ストーリー4が楽しくなかったとは思わないです。むしろ、映画はずっと楽しめたし、再びウッディやバズの活躍を見れただけでも嬉しいです。

 
ラストだけ、賛否両論だとは思いますけどね。

トイ・ストーリーシリーズを美しく終わらせるなら、トイ・ストーリー4は無くても良かったかし、蛇足だったかもしれません。でも、単純にトイ・ストーリーシリーズの続編を見れただけでも嬉しいと感じます。

少なくとも「見てもまったく面白くなかった!」みたいな感想を持つ人は少ないと思いますし、ぜひ7月12日から公開の、トイ・ストーリー4を見に行ってみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です