佐藤輝明の経歴やプロフィール。オープン戦のホームラン記録は?

2 min

阪神タイガースの佐藤輝明選手が最近注目されていますね。ハマスタでは場外ホームランを出したことで、ツイッターで「ハマスタ出禁」とか言われてます(笑)

佐藤輝明選手は大卒入団1年目の選手で既にオープン戦で6本のホームランを出しています。この調子でいけば大卒1年目で20本以上のホームラン記録を達成できるかも。

この記事では、佐藤輝明選手の経歴やプロフィール、オープン戦のホームラン記録について調べました。

佐藤輝明の経歴やプロフィール

佐藤輝明のプロフィール

佐藤輝明選手は大卒1年目の選手で阪神タイガースに所属しています。

父親に柔道家の佐藤博信さんを持ちスポーツ一家の長男として育ちます。2歳下の弟、佐藤太紀も関西学院大学に所属する内野手です。

野球の熱は意外にも冷めていて、「家から近いから」という理由で高校は仁川学院に進学しています。高校生の時は甲子園に行きたいとかはなく、サッカー部に入部しようとしてたみたいですが友人の熱いアプローチで野球部に入ったとのこと。

ここで野球部に入らなければ、いまの佐藤選手は誕生しませんでしたし、ハマスタで場外ホームランを見ることはなかったでしょう。友人さんナイスです。

佐藤輝明の経歴

佐藤輝明選手の経歴ですが、小学校6年生のときに阪神タイガースJrに入っています。仁川学院では4番打者として活躍し、兵庫県大会4回戦までが最高成績となっています。

近畿大学に入学後は1年目の春からベンチ入りを果たしています。この頃から「飛距離」に注目されていて、後に5番・左翼手として打率.270の成績を収めています。

その後も順調に成績を伸ばし、大学2年・4年の秋に最優秀選手賞を受賞。大学4年時にすでにスカウトの目に留まっていて、2020年のドラフト会議ではドラフト1位で阪神タイガースに入団しています。

個人の力が重要なプロの世界では、「甲子園で活躍した」というよりもスカウトの目に留まるかどうかのほうが重要のようです。

佐藤輝明のオープン戦のホームラン記録

佐藤輝明選手のオープン戦でのホームラン記録は2021年4月11日現在6本です。

実は2010年以降オープン戦でホームランを6本出した選手は佐藤輝明選手を含めて4人しかいません。

https://news.yahoo.co.jp

過去10年間でオープン戦でホームランを5本以上出したのは僅か10人のみ。この調子でいけば大卒1年目でホームラン20本の記録も到達できるかもしれません。

ちなみに大卒入団1年目で20本以上のホームラン記録を持っている人は更にレアで7人しかいません。

桑田武(大洋/1959年)31本 長島茂雄(巨人/1958年)29本 森徹(中日/1958年)26本 村田修一(横浜/2003年)25本 田淵幸一(阪神/1969年)22本 原辰徳(巨人/1981年)22本 有藤道世(ロッテ/1969年)21本 ※本塁打数順

https://news.yahoo.co.jp

野球界の名選手ばかりですね。佐藤輝明選手はすでにオープン戦で6本のホームランを出したので、20本到達までにあと14本のホームランが必要です。

プロの世界で何度もホームランは出させてくれませんが、最近もハマスタで場外ホームランを出すなど勢いに乗っています。

https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1380470675996041217

これだけの長距離を打てるのであれば、他の球場でもホームランに届くのではないでしょうか。公式戦のペナントレースも始まり、セ・パ交流戦などまだ試合は始まったばかりのなので、20本以上のホームラン記録を打ち出してほしいですね。

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です