坂本隼人の新型コロナ復帰はいつで開幕に間に合う?感染経路は?

3 min

巨人のキャプテン・坂本隼人選手と大城卓三捕の新型コロナウイルス感染が報告されました!

今回の報道は新型コロナウイルスの影響によって延期されていたプロ野球開幕が6月19日と決定した矢先の発表だった為、大きな衝撃を受けた人も多かったでしょう。

不幸中の幸いなのが、新型コロナウイルス感染基準をギリギリ上回る「微陽性」だった事で、開幕までには復帰が間に合う可能性が高い事がメディアより発表されています。

坂本隼人選手の新型コロナウイルス感染について見ていきましょう。

スポンサーリンク

坂本隼人が新型コロナウイルスから復帰するのはいつ頃?

新型コロナウイルス感染が発表された坂本隼人選手ですが、「微陽性」という診断の為、かなり早期の復帰が考えられています。

6月3日に新型コロナウイルス感染が発表された坂本隼人選手ですが、現在は都内の医療機関に入院し、今後は連日PCR検査を受ける予定となっており、陰性が確認され次第チームへの合流が予定されています。

本来なら新型コロナウイルスに感染・入院となると復帰まで約1ヶ月近くかかる事が予想されます。阪神に所属する藤浪晋太郎投手が新型コロナウイルスに感染した時、復帰・練習再開までに約30日かかっている事からもこの事ははっきりと分かりますよね。

藤浪晋太郎投手の感染~復帰まで
  • 3月26日に感染判明
  • 3月27日に入院
  • 4月7日に退院
  • 4月22日まで自宅待機
  • 4月24日自主練合流

藤浪投手を例にすると坂本隼人選手も同様の日数を要する事が考えられますが、彼の場合、新型コロナウイルス感染の基準値をギリギリ超える「微陽性」だと発表されており、早期復帰が期待されているんです。

坂本隼人選手の「微陽性」とは?開幕に間に合う?

新型コロナウイルス感染拡大が発表されかなりの日数が経つにも関わらず「初めて聞いた」と多くの人が注目を持った「微陽性」という単語。先ほどもお話ししたように「限りなく陰性に近い陽性」を指す単語のようであり、新型コロナウイルス感染を示す基準値をギリギリ超えた状態となっています。

さらに坂本隼人選手は感染から回復を示す「IgG抗体」を既に体内に持っている事も発表されており、陽性反応が出たとしても感染拡大や今後の症状悪化を心配する必要はほどんどありません。

JリーグとNPB(日本野球機構)の合同で定期的に行われている「新型コロナウイルス対策連絡会議」の専門家メンバーからも「他人に感染させるリスクも高くないと推察される」という見解を受け、都内の医療機関に入院することになった両選手は陰性が確認され次第、早期にチーム合流を目指す方向性で固まった。

https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/60783?page=2

坂本隼人選手の新型コロナウイルス感染によって多くの人が衝撃を受けたでしょうが、藤浪晋太郎投手のように1か月待たずに復帰する可能性がかなり高くなっています。

そして、プロ野球開幕となる6月19日にも間に合う事は多くのメディアで発表されていました。

とはいえ、チームに集団感染を招くこともなく、6月19日の開幕にも間に合う見込み。先発マスクが期待される大城ともども、不幸中の幸いといえそうだ。

https://www.zakzak.co.jp/spo/news/200604/bas2006040005-n1.html

感染拡大のリスクもかなり少ないと発表されていますので6月19日の開幕には元気な姿を見せてくれるでしょう。

スポンサーリンク

坂本隼人の新型コロナウイルス感染経路は?

今回新型コロナウイルス感染が確認された坂本隼人選手ですが、彼の感染経路は現在不明です。

藤浪晋太郎投手は13人以上の会食に参加した事で感染したと見られていますが、坂本隼人選手は自粛を優先し、以前のように「夜の街」で遊泳するといった事はありませんでした。

球団による行動記録を2週間前までさかのぼってみても外食は5月29日に友人との昼食のみで、飲食による感染の可能性は極端に低いです。その為、感染経路は現在まで不明。

そして、球団一斉で抗体検査を行っており、坂本選手、大城選手以外の感染は確認されていない事からチームメイトからという事もあり得ないでしょう。

感染経路などは不明ですが、所属チーム経路でない事も不幸中の幸いですね。

坂本隼人感染でプロ野球開幕延期の可能性は?

坂本隼人選手の感染が確認され、開幕延期も予想してしまいますが、NPB(日本野球機構)は現時点では発表通り6月19日を予定しています。

どうやら専門家に意見を仰いだようですが、今回の坂本隼人選手感染を受けても開幕に影響が無いと判断した結果のようです。

今月19日としている開幕について「専門家に聞いたうえで、現時点で開幕に影響はないと考えている」と述べました。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200603/k10012456911000.html

「微陽性」「IgE抗体」という状況から考えても感染拡大のリスクはほとんど無いという状況が決め手となったようです。楽しみにしていた6月19日開幕が延期する可能性は現在までかなり低いと言えるでしょう。

坂本隼人の新型コロナウイルス感染についてまとめると

今回は坂本隼人選手の新型コロナウイルス感染についてまとめてみました。

ようやくプロ野球開幕が決定した矢先の坂本隼人選手の感染発表。たくさんの方が衝撃を受けたのではないでしょうか?

しかし、不幸中の幸いか「微陽性」であり、既に回復傾向にあるようで、早期復帰も可能と言われている事から開幕には間に合いそうです。

また、選手の新たな感染という事態から開幕時期の延長も考えられましたがNPBは専門家の意見をあおぎ、現時点では発表通り6月19日を予定しています。

スター選手の感染というショッキングな報道でしたが、6月19日に開幕、そして元気な姿を我々の前に見せてくれそうですね。

ようやく開幕となる6月19日をいまから楽しみに待ちましょう!

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です