ラグビー日本代表が外人だらけな理由。外国人枠多すぎで応援できない?

2019年、ラグビーワールドカップ。

世界ランキング2位のアイルランドを日本が下し、それほどラグビーに関心がなかった日本人も一斉にラグビーW杯に興味をを持つようになりました。

 
なんせ、世界ランキング2位ってサッカーならフランスとかですからね。

日本サッカー代表では100戦しても1勝すらできないだろう相手に勝利したと考えれば、今回のラグビー日本代表の勝利がいかに快挙であるかわかりますよね。

 
ただ、こう思ったかもしれません。

ラグビー日本代表、外国人多すぎじゃない?

と。

なんと2019W杯の日本代表メンバーは、31人のうち15人が外国人。基本、日本人だけで構成されているサッカーや野球の国際大会と比べたら、明らかに外人だらけと感じるわけです。

なぜラグビー日本代表はこれほど外国人が多いのか?また、海外では日本の勝利や、日本代表が日本人だけで構成されていないことをどう思っているのかをお話します。
 

日本代表は31人中15人が外国人

ラグビーワールドカップ2019に出場しているメンバー一覧はこちら。

そのうち、赤枠で囲った人が外国人(純日本民族ではない)です。

 
メンバーは合計31人。

そのうち外国人は15人。
 

日本代表と言いながら、半数近くが純粋な日本人ではないとはこれいかに?

日本代表がアイルランドに大金星をあげたのは嬉しいけど、結局は外国人の力じゃないか?と思うと、どうもモヤモヤ感が残ってしまうというか…
 

ラグビーW杯の外国人枠の規定は?

ラグビーは外国人枠が多いスポーツ

ラグビーって、もともと他のスポーツに比べて外国人枠が緩いんです。

ラグビーの各国代表に選ばれる条件は3つ。この中の1つでも当てはまればOKです。

・出生地が日本である
・両親か祖父母のうち1人が日本出身
・日本に3年以上住んでいる

 

特に、いちばん簡単なのは3つめの「3年以上居住している」という点ですよね。

日本は帰化に必要な条件が5年以上住んでいることですから、帰化するよりも日本代表になるのはカンタンです。

W杯に出場することを目指して日本のクラブチームで練習を重ねていれば、次のW杯では出場資格を取得できる。言ってしまえばゆるゆる条件です。

 
これは、日本以外も同じ。

だからどんな国でも、ラグビーは外国人が活躍しやすいわけです。実際、過去のW杯を見ても外国人が10人以上いるチームは決して珍しくはありません。

ちなみに、過去のワールドカップを見てみると2011年のW杯の最多外国人枠はサモアの15人。次いでアメリカ12人、イタリア11人。

 

外国人枠多すぎで応援できない?

日本代表は2011年では外国人枠10人。

2015年のW杯でも同じく外国人枠10人でした。

 
さきほど例に挙げたようにラグビーでは1/2~1/3が外国人であることは珍しくありません。だから外国人が多いからと言って、他の国が文句を言うようなこともないです。
 

ただ、やっぱり今回の日本代表の外国人枠15人はちょっと多いですけどね。

31人の半数ギリギリまで外国人を使っているあたり、なんとなく「言い訳」じみたものを感じます。国籍を一切気にしなければ、もっと日本人の数は少なかったんじゃないか?とか。

それに、監督からして外国人ですし。

 
ただ、外国人枠が多くても強ければいいと思うんですよね。

2015年、ラグビーW杯で日本が南アフリカを下したことは大きなニュースとして報じられました。その時、五郎丸選手がスターとして取り上げられたり、日本のラグビー界は少し盛り上がりました。

 
けど、負けていたらそもそも誰も興味を持たないのが現実なわけです。

たとえ31人全員を日本人で構成してようと、勝てなければそれ以上に注目されない。それなら、外人だらけの日本代表でも、強いほうが結果的に楽しめますよね。
 

それに、外国人と言っても彼らは日本人に近いのが事実です。

正直なところ、日本ラグビーは近年まで弱小で、野球のように「助っ人」として来るほどの価値もありませんでした。報酬も低いし、レベルも低いし、英語も通じないからハードルも高い。
 

それでも日本でプレイしている外国人というのは、日本に留学して長く日本で暮らしていたり、日本を好きだったりと何かしら日本に縁がある人がほとんどです。

おまけに、ラグビーのW杯は一度出場してしまうと、今後他の国で出場できなくなります。つまり自国のW杯に出場する道を断ってでも、彼らは日本代表を選んでいるわけです。

 
だからラグビー日本代表でプレイしている外国人は

「自国の代表にあぶれたから、実力の低い日本に枠を求めてきた」

わけではありません。

もちろん名前からして純粋な日本人とまでは行かないですが、すでに帰化している人もいますし、私達が思っているよりも「日本人らしい」外国人が多いわけですね。
 

外国人のおかげで日本人も世界レベルに成長している

ラグビーW杯、南アフリカとの一戦で注目された五郎丸選手。

そして、今回の2019W杯で注目された堀江翔太選手。
 

実際に試合を見てみると、彼らは十分に世界に通用するプレイヤーです。

決して「外国人を大量に入れて、外国人の力だけで勝つチーム」ではないということですね。これは外国人のおかげで、結果的に日本ラグビーの力が上がっているからでもあります。

 
大相撲を考えてみれば分かりやすいですね。

他のスポーツに先駆けて国際化したことで、朝青龍や白鵬などモンゴル出身力士ばかりが優勝するようになってしまいました。けど、彼らのおかげで日本相撲全体のレベルが上がっているわけです。

それに、外国人が増えたからといって日本の相撲の人気は落ちていない…むしろ一時期の低迷よりも遥かに人気になっていて、資金が潤えばそれだけ選手の育成に力を注げる環境が整います。
 

だから、ラグビーも同じですね。

外国だらけのチームを見て、「こんなの外人部隊の力を借りてるだけじゃないか」と思うかもしれませんが、彼らのような外国人な多く日本でラグビーをしているから、純日本人選手も世界レベルに成長しているわけです。
 

勝てない日本代表と、勝てる日本代表どっちがいいか?

本音を言えば、日本代表の中でも日本人が活躍してくれたほうが嬉しいです。

なんだかんだ日本って大半が純日本人の単一民族ですし、フランスとか移民が多い国のように、「違う人種が当たり前に同じチームにいる」状況に慣れていません。
 

ただ、大事なのは外人部隊だろうと日本代表が強いこと。

ラグビーの外国人枠が緩いのはすでにお話した通りで、他の国も外国人選手が多くいます。それでも勝つのは難しいし、外人を増やせば勝てる。というカンタンな話でもありません。

だから外国人枠が多少多かろうが外人部隊だろうが、強豪を倒している日本代表は間違いなく強いし、これは世界に誇っても良いことなわけです。
 

自国を捨てて日本代表でプレーしている外国人選手も、ぜひ応援してあげてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です