大江戸温泉物語の閉館はいつで理由は?跡地は何ができる?

1 min

東京お台場の大江戸温泉物語が9月5日で閉館することが分かりました。

閉館の理由は経営不振と思っていましたが、そうではなく東京都との再契約ができなかったためです。閉館後は建物は解体され、更地にしたうえで東京都に返還されます。

今回は大江戸温泉物語の閉館の理由の詳細や跡地に何ができるのかを調べました。

大江戸温泉物語の閉館の理由は?

大江戸温泉物語は9月5日に閉館します。

大江戸温泉物語の閉館の理由は経営不振ではなく、東京都との再契約ができなかったためです。大江戸温泉物語と東京都との契約期間は2021年の12月までなので、閉館後に更地にして土地を返還します。

再契約しない理由は東京都から発表はなく、ツイッターや検索エンジンで調べましたが有力な情報は見つかりませんでした。

大江戸温泉物語に格安で土地を貸していたという噂もあったので、東京都としては今より高い価格で契約してくれる業者を探していた可能性があります。

仮に大江戸温泉物語と再契約したところで、同じ契約を結ぶことになる可能性が高く、また格安で土地を貸してしまう羽目になることも考えられます。

また、東京都は財源が枯渇しているので、収益を増やすことを優先させたのかもしれませんね。

大江戸温泉物語の閉館後は何ができる?

大江戸温泉物語の閉館後に何ができるかは東京都から発表がありません。

公平に土地の入札が行われることも予想しましたが、としまえんの跡地が既にハリーポッターの施設ができると決定していたことを考えると可能性は低いです。

大江戸温泉物語の敷地面積は約3ヘクタールなので、その面積に近いアウトレットモールなどの商業施設ができる可能性があります。

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です