【東京五輪】森喜朗はなぜ辞任しない?解任権限は誰?

2 min

東京五輪組織委員の森会長が失言で謝罪しましたが、辞任せず続投しています。

当初、森会長は辞任するつもりでしたが、周囲に説得されたので続投したとのこと。


国際的に批判が強まってるので、森会長が辞任しないとなると解任するしか方法がありません(政府のメンツを保つ意味で)。

この記事では、森会長がなぜ辞任しないのか?解任権限は誰にあるのか?についてご紹介します。

【東京五輪】森喜朗会長が炎上した理由は?

森喜朗会長が炎上した理由は、女性蔑視と受け取ってしまう発言をしたためです。

今回は東京五輪の会長をしている影響か、日本だけでなく世界中から批判を浴びています。

海外では女性の人権問題を重視している国が多いので、今回の発言は見過ごせないようですね。

森喜朗会長はなぜ辞任しない?

森喜朗会長は「当初辞任するつもりだったが、事務総長らの説得で思いとどまった」と説明しています。

辞任による組織の混乱を防ぐために説得したのかもしれないので、後任が決まれば森会長は辞任するかもしれませんね。

森喜朗会長の後任は丸川珠代か安倍晋三?

森会長は一度辞任を取り下げましたが、国際的な批判が強いので後任が決まるまで続投する可能性があります。

海外での批判が強いので、このまま森会長が続投すると東京五輪をボイコットする動きが出ても不思議ではありません。

なので、後任を決めてからの辞任になると予想します。

この場合、後任は丸川珠代議員か安倍晋三元首相になるかもしれません

丸川議員は森会長と同じ細田派なので、女性会長にすることで国際的な批判をかわせるので、政府的にも都合が良いのかもしれません。


他の候補として、安倍晋三前首相です。

安倍元首相は、オリンピックの延期を2年ではなく1年にしていました。理由は自身の任期があと1年しかなかったからです。

オリンピックにこだわっていた安倍元首相であれば、オリンピック委員会の会長になっても不思議ではないですね。

森喜朗会長の解任権限は誰?

森喜朗会長の解任権限は組織委員会にあります。

そして、森会長を解任する方法は組織委員会の定款で規定されています。

・会長の解職手続きをする
・理事を解任する

これらの方法は評議員会で森会長を除く過半数以上の賛成があると可決されます。

森会長は会長であると同時に理事でもあるので、理事を解任することで会長職もなくなります。

小池都知事や橋本五輪担当相に解任権限があると言われていましたが、実際は「解任権限はない」ということになりますね。

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です