満員電車でコロナ感染者が少ないのはなぜ?リスクと危険性【予防】

コロナウイルス感染者、日本でも続々と増えてきています。

そんな中、企業では時差出勤を推奨したりリモートワークをするように促しています。というのも、満員電車で大勢の人が通勤すると感染者が爆発的に増えてしまう可能性があるから!
 

でも…満員電車で通勤していてコロナに感染したっていう話はあまり聞きませんよね?

満員電車でコロナ感染者が少ないのはなぜでしょうか?また満員電車でコロナに感染するリスクと危険性と対策や予防方法ついても知っておきましょう。
 

満員電車が意外にコロナ爆増の原因になっていない理由

今まで国内でコロナに感染した人の大半は以下のパターン。

・看病をしていた
・ダイヤモンドプリンセスに乗っていた
・感染者の家族など、濃厚接触者だった

 
えっ、満員電車からの感染は!?

あれだけ危険だのヤバいだの言われ続けてきた(というか今も言われている)満員電車なのに、実例として挙げられたのは電通の方くらい?電車で多くの人があんなに狭い空間にいるのに。

これはなぜなのでしょうか?

 
そもそも理由としては、満員電車での感染です!と判断するのが難しいから。

家から満員電車に乗って、一周して帰宅した…なんていう人はいないし、「○○のイベントに参加した!」とか「○○の店に行った!」といったパターンと違い満員電車での感染だと断言できる要素がありません。

あと、現状日本政府は検査数を絞っている(仕事してないとも言われますが、重症者やコロナ感染者に接触した人だけに絞ることで、医療崩壊を防ぐことが目的です)ので、そもそも気軽に検査ができない=コロナかどうか判断できない実態があります。

 
なので、

満員電車が原因でコロナ感染者が増えたとは報道されないけど、実際は満員電車で感染した人も射る可能性は高い

と思われます。

それでも、東京で新型コロナウイルスの感染者が爆発的に増えていない当たり、思ったよりは被害が少ないのは間違いないですね。中国人が大量に入国した1月末から春節から1ヶ月以上経っているのに、意外にコロナ感染者増えてないですし。
 

満員電車がコロナ感染にならない(とされている)理由

満員電車は高温多湿。

多数の人が乗り合わせている閉鎖空間。

コロナの温床にしか見えませんし、高リスクエリアが満員電車だといわれています。

外国人からしても同じ感覚のようで、こんなツイートまで出回ってました。

しかし、そんなに感染者が出ていないとされる満員電車。満員電車がコロナ感染の原因にならないことで、色々な理由が考えられ始めてきました。

 
現状、満員電車でコロナ発生が抑えられている理由は下記の4つです。

1.しゃべる人が少なく、飛沫感染リスクが少ない
2.こまめな換気(停車)がある。
3.接触時間がそれほど長くない
4.衛生面に気をつけている人が多い

 

みんなしゃべらないから(飛沫感染が少ない?)

コロナウイルスは飛沫感染だといわれています。

半径2m以内での会話で感染するのでは?とも言われていますね。

 
でも、満員電車に乗ったことがあれば分かると思いますが、特に朝の通勤電車だと誰も喋りません。みんなスマホを見ながらうつむいているので、飛沫が飛ばない環境になっています。

もちろん、喋らないから感染しないわけではない(咳やくしゃみで飛沫は飛びますし)ですが、会話が少ないことは満員電車のコロナ感染拡大を抑える1つの要因になっていると考えられます。
 

こまめな換気(停車)がある

閉鎖空間でコロナウイルスには感染しやすいということで、こまめな換気というのが推奨されていますよね。満員電車もこまめな換気がされています。

駅に停車するたびにすべてのドアが開くのですから。ヘタに会社やお店の中にいるよりも頻繁に換気が出来ているという計算になります。特に、今の時期って寒くて閉めっぱなしにすることも多いですし…

もちろん、上野東京ラインの快速みたいに1区間の移動距離が長い電車もありますが、首都圏の電車であれば大半は3~5分に1駅停車して換気されることがほとんどです。
 
③満員電車内の接触時間が少ない

満員電車内でコロナに感染している人に接触するのはどのくらいの時間なのでしょうか?首都圏のサラリーマンの通勤時間の平均は片道で40分くらいといわれています。

家から電車に乗って、電車を降りて会社まで。
 
そのすべてが40分だとすると電車に乗っている時間は20~30分くらいが妥当だと思われます。(もちろん、通勤時間が長い方は1時間以上かけて満員電車で会社に向かっていますけどね)

コロナウイルス感染者の中には、ちょっとの接触で感染したと言われる人もいますが、それでも20分くらいの接触であれば決して凄まじくリスクが高いわけではありません。
 
④衛生面に気を付けている人が多い

もともと日本人はキレイ好きなのに加えて、みんなコロナにビビりまくってます。

未知のウイルスなので怖いのは当たり前ですが…

 
そんななか、満員電車に放り込まれるサラリーマンは、めちゃくちゃ全力で予防&対策してます。マスクはほぼ標準装備ですし、アルコール除菌シートを使い、あとは電車の設備に触らないようにしていたり。

普段であればここまで厳重に対策する事はないものの、ダイヤモンドプリンセスの悲劇などを見てコロナの恐ろしさを理解した日本人が、結果的に予防&対策意識が高まっているのも、満員電車のコロナ抑制に役立っていると思われます。
 

満員電車でのコロナ対策

満員電車にどうしても乗らないといけないということがあると思います。時差出勤などで調整をしたとしても、満員ぐらいが140%から110%になるくらいだよね?という話も聞きます。
 
コロナウィルスに感染しないためには個人で身を守るしかありません。

新型コロナウイルスの満員電車での予防と対策

・マスクをつける
・こまめな手洗いと消毒をする(消毒ジェルなどを携帯する)
・しゃべらない
・手すりやつり革などに触らない(触ったなら除菌する)
・人の少ない場所に陣取る(座席付近がおすすめ)

また、電車に乗る時間を少しでも少なくするために一駅歩くことや自転車通勤をしてみるという方もいるようですよ!ただ、慣れない人がやると体力を消耗して免疫低下→コロナ感染リスクが上がる可能性もありますが(笑)

 

満員電車のコロナの危険性は低くない

満員電車ではコロナに感染しない!という話もあります。

…が、おそらくデマです。
 

たしかに今回の記事でも紹介してきたように、会話自体少ないので飛沫感染のリスクは少ないし、路線にもよりますが2~3分に1回駅に停車する電車もあり思ったより換気はしっかりとされています。

なので、「思っているほど」満員電車でも危険性はないのかもしれません。

 
でも、狭い箱のなかにヤバい密度の人間が押し込められているのは間違いないわけです。

満員電車だと暑くて汗も出てきますが、汗一滴でも大きな感染リスクになりますし、誰か1人でも咳をしてコロナウイルスを撒き散らされると周囲の人は逃げ場がありません。
 

だから

満員電車は思っていたほどの危険度はないけど、それでもリスクが高いのは変わらない

と思っておくと良いですね。満員電車のなかではマスクをしっかりとして、必要以上に電車の中を触ったり、その手で自分の体(特に顔)を触らないこと。

これを徹底するだけでも、満員電車のコロナウイルスのリスクを低減できますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です