キングダムがつまらなくなった。引き伸ばし酷すぎ【戦犯李牧】

4 min

私ね、キングダム好きだったんですよ。

最初は「なんか微妙な絵だなー」と思って敬遠しつつ、漫画喫茶で読んでみたらめちゃくちゃ面白くて、一気に30巻くらいまで読んじゃいました。
だからこそね、今のキングダムを読むと「つまらない!」と感じずには居られないわけです。

テンポ悪い、キャラに魅力がない、というか物語をつまらなくしてる元凶となりつつある、李牧には早く退場してほしい…
最近のキングダムがつまらないと感じる理由をまとめてみました。

スポンサーリンク

キングダムがつまらなくなったと感じる3つの理由

テンポ悪い

これはね。

編集部から引き伸ばしを要請されてるのかもしれないけどね。それにしても、合従軍以降のストーリーはテンポが悪すぎません?

ちなみにそれまでのキングダムを見てみると…

6〜7巻 初陣・蛇甘平原(麃公と呉慶の戦い)
11〜16巻 馬陽防衛戦(王騎が死ぬところ)
17〜23巻 山陽攻略戦(廉頗や輪虎)
25〜33巻 合従軍(5カ国全部敵)

序盤は、あの密度で1つにつき5~6巻ほど。

合従軍は多少長いですが、あれは敵が大量にいて、かつ部隊も頻繁に移り変わっての戦いなので、それほどテンポ悪いとは感じません。むしろ「不抜」までノンストップで読みたいくらいにはアツいです。
でも、鄴とかさ…

大して重要でもない戦を合従軍以上に長くやったら、そりゃあダレますよね。

そもそも合従軍と違って盤面はほぼ動いてないわけですし。というか本来この戦いに参加してもいない李牧をムリヤリ引っ張ってくるから、ややこしい事になってるわけで。

おまけに飛信隊のよくわからない人が死んで「うぉー!!!」みたいになってるけど、正直誰だか分からないのでまったく感情移入もできないし。

敵キャラにどうしようもなく魅力がない

次に語りたいのは、敵キャラの魅力の無さ。

特に、李牧ですよ!李牧!!
信のライバルキャラとして描かれている割に、まったく魅力を感じない。

作者のなかでは李牧は完全無欠の強キャラなのかもしれませんが、読者からすると「大口叩く割に負けまくって、龐煖頼みでなければまともに勝てないヤツ」くらいのイメージしかありません。
実際、李牧の作戦がハマったのって王騎を倒した時くらいじゃないですか?

その後は燕の劇辛将軍(龐煖には慣れておるわ、とか言ってやられた人)には普通に作戦を見破られて龐煖に助けてもらい、麃公将軍にも陣を突破され、結局ホウケンに助けてもらわなければ終わってたという。

そして合従軍では見事に作戦失敗…史実では登場しない戦に李牧を登場させるせいで、李牧が完全に負けまくりの単なる無能になってます。

おまけに奇跡的に大した処罰も受けずに鄴に関わり

「あの城はわざと弱く作りました!(ドヤァ)」
「王都の兵を借してください!」

と凄まじい迷走。
そして王様が兵を貸してくれなかったら「暗い…あまりにも…」とか言い出すし。いや、普通に考えてただでさえ失敗続きの無能に、そうでなくても1人の将軍に王都直属の兵まで預けたらいつ寝首をかかれるか分かりません。

趙の王様が暗君っぽく描かれていますが、実際には王様が正論で、李牧が明らかにムチャ言ってます。そもそも、「城を弱くして誘い込む」なんて大胆な戦術を取るにも関わらず、王都の兵の出撃を前提とした戦略を練る時点で間違いでは…?

ホウケンは「我!武神!」とか言って李牧に召喚される便利屋(通称ポケモン)だし…

李牧の部下のマスクマン(フテイ?)は何の活躍もしてないくせに「李牧様の策をお前らに見破れるかな?(ドヤァ)」とやたら大物ムーブを見せてるし…

蒙驁のおじいちゃんとか、廉頗将軍とか、カンキとか呉慶将軍とか割と序盤に登場したキャラはかなり魅力的だと思うんです。ただ最近のキャラは名前だけ出て、いつの間にか死んでるイメージしかありません。

スポンサーリンク

展開がワンパターン

六将級、どんだけおんねん!!

キングダムの序盤はね、燃えましたよ。

秦には六将という圧倒的過ぎる実力を持った将軍がいて、他の国は六将の強さに震え上がった!実際、六将である王騎のカリスマオーラは半端じゃありませんでした。

ところが、物語が進むにつれて下がる六将の株。

六将級が多すぎるんですよ。

あいつも六将、こいつも六将。

強い敵が次々登場するのはバトル漫画の宿命なので当然と言えば当然ですが、「六将級」という言葉でしか敵の強さを見せられないのはあまりにもワンパターン!
あと、何でも気合いで解決しすぎ。

いやね、「主人公が、限界まで力を振り絞って勝利!」みたいな展開は少年誌では王道だと思うんですよ。

実際、キングダムでも序盤は荒削りながら勇気と精神力を持った信が、敵の強キャラを上回る展開は燃えたし、それがキングダムの魅力だったと思うんです。

ただ、さすがに毎回

「実力は負けてるけど、気合で勝ちました!」

みたいな展開は飽きます。

苦戦する要素ないくせに秦軍が苦戦して、最終的に信と敵のボスの一騎打ちになって、最後はルァァ!で敵を両断するところまでが様式美。

その展開を打破するためか軍師を投入したものの、軍略合戦が絶望的に面白くない。

なんですか、李牧と王翦のトップ軍略家2人の戦いで「何も考えずに突っ込むのが戦略」「覚醒待ち」とか。本能型と知略型は序盤から出てた設定なのでまだ許せるにしても…(知略型が本能型の下位互換になってるのは擁護できませんが)

スポンサーリンク

引き伸ばしか李牧愛か

ただ、キングダムがつまらなくなった最大の要因はやっぱりテンポの悪さだと思います。

登場キャラが多いのに話が引き伸ばしされてるせいで、次の巻を買って読む頃には「コイツ誰だっけ?」みたいになることが多数あります。

ヤンジャンの編集部の意向で引き伸ばしされてるなら、マジで止めて頂きたい。

実際、テンポが良い頃のキングダムだと数話くらいしか登場しない敵もたくさんいるのに、割と印象に残ってるんですよね。

けど、今は密度がスカスカだからほぼ印象に残らない。
あと、作者の李牧愛もどうにかして頂きたい。

別に完全に史実に沿ってストーリーを展開しろとは言わないし、不明だからこそ自由に想像して書けるからこそキングダムという作品は面白いと思います。
でも、何度も李牧を引っ張り出すことないでしょ。

鄴も合従軍も史実では李牧が参加していないのに李牧をムリヤリ加えたせいで、テンポが悪くなる上に李牧が単なる無能に。
正直、李牧は合従軍の責任をとって投獄して良かったと思います。

で、李牧のいない鄴の戦いで王翦にボロボロに負けて、「やっぱり李牧がいなければ駄目だ!」となって李牧が再登場し、史実同様の李牧無双で秦をボコボコにする。

この展開なら鄴の戦自体は1~2巻くらいで完勝させてしまえばいいし、最強秦軍が毎回苦戦するようなわざとらしい展開になるのも防げます。何より、李牧の株が落ちない。
今のペースだと、趙滅亡だけで100巻かかるんじゃないかと。

何においても、このテンポの悪さだけはなんとかして頂きたい。

そして原因になっていると思われる李牧様には早めに退場して頂きたい。

キングダムは一度休載してもらいたい

これはキングダムに限らないと思うんですけどね。

やっぱり、漫画家ってマンガを納期までに書き上げるのが精一杯で、次のストーリーを考える予定がないと思うんです。実際、普通のサラリーマンよりも遥かにツラいスケジュールで命削ってマンガ書いてるわけですし。
実際、連載長期化するとつまらなくなったと感じるマンガって多いじゃないですか。

序盤まではすごく面白かったのに、途中から「アレ?」と感じるマンガが多いのは、新しい章を始める際に構想を練る余裕がなくて、結果微妙なストーリーになってしまうからだと思うんです。
キングダムもまさにその状況になっているような…

だから、鄴の戦が終わったらキングダムは1度休載してもらいたい。休載期間にその後の構想を練り直せば、キングダム初期~中期のような面白さが戻ってくると思いますし。少なくとも、今よりは間違いなくマシになるかなと。

実際には原稿落としたらお金が入ってこないので金銭面的な問題もあるとは思いますが…キングダムに限らず、マンガで各章が終わったら充電期間として1回分の休載&有給扱いみたいな事って難しいものなんですかね?

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です