【ネタバレ】ロストジャッジメントのストーリーの結末!続編は?

3 min

木村拓哉さんが主役を演じる、キムタクが如くこと「ロストジャッジメント」がついに発売!

龍が如くを木村拓哉さんに差し替えた感じですが、ストーリーはしっかりしていて面白いです。前作のジャッジアイズに登場した、さおりさんも一肌脱いで活躍。

今回はロストジャッジメントの結末やストーリーをざっくりネタバレ。続編「キムタクが如く3(仮称)」の可能性について書いてみます。

※ネタバレがあるのでロストジャッジメント未プレイの方はご注意ください。

ロストジャッジメントのあらすじ

2021年12月の東京地方裁判所で、城崎さおりは痴漢の弁護を担当しています。

被告の江原明弘は電車内で痴漢をして逃亡しますが、被害者に叫ばれ、ホームで転倒。その後、周囲の一般人に取り押さえられ、逮捕されます。

世論からのバッシングも大きく、公正な審議で有罪判決が出されたときに被告の江原は立ち上がり話し始めます。

「3日前に、横浜の廃ビルから死体が出てきたはずです。もう身元はわかりましたか?」

「では、どうか神奈川県警に知らせてあげてください。その死体の主は御子柴弘といいます。彼は4年前……私の息子を自殺に追いやった……万死に値する人間です」

被告の江原に嘘はなく、廃ビルから死体が発見されました。その身元は御子柴弘と判明。ただ、その死亡推定時刻は江原が痴漢を行っていたときです。

謎の死体の黒幕を匂わせる発現をした江原ですが、その事件の完璧なアリバイを証明しています。

裁判所が出した有罪判決は完璧なアリバイであり、痴漢がその茶番であれば司法にとっては一大事。今回の痴漢事件で見落しがあると判断した城崎さおりは、探偵・八神隆之に調査を依頼します。

【ネタバレ】ロストジャッジメントのストーリー結末

ここから、一気にざっくりとストーリーのネタバレをします。

ネタバレを見たくない人はここから先をスクロールしないでください。

御子柴弘を殺害した犯人は江原明弘痴漢は自演です。

ストーリーの結末は、黒幕である半グレのトップであり公安警察の相馬和樹が逮捕。上司の坂東秀美は検事に問い詰められていますが、検挙までは描かれていません。

ストーリーとしては、八神が誠稜高校の理事長から受けたいじめ調査から過去のいじめ問題の真相が発覚。

・便利屋の桑名仁が13年前、楠本事務次官の息子のクラスの高校教師だった

・桑名が放課後の教室に隠しカメラを設置

・放課後、楠本事務次官の息子がいじめを受けていた(その中に痴漢被害者の姿も)

・数年後、桑名が当時、いじめをした生徒にその映像を見せて脅迫。自分の手駒に

・桑名が13年前のいじめをした生徒の1人の川井を脅迫した生徒を使って拉致

・桑名と一緒にいた楠本事務次官が川井を殺害。川井は冷凍保存され、桑名が隠していた

・桑名が御子柴弘を含む、いじめ加害者をあの世に送り続けた

・今回の事件で公安が桑名がいじめ被害者の家族が加害者を殺害したことに気づく

・公安が半グレを使って、桑名を捜索する(川井の遺体を利用して楠本事務次官を脅迫するため)

いじめの加害者を殺害した厚労省の楠本事務次官の弱みを握るために公安警察が半グレを使って暗躍していたというわけです。

公安警察の目的は厚労省が運営している年金160兆をリスクのある投資に方針転換すること。

楠本事務次官は世間の評価も高くかつ有能なので、方針転換しても批判が少ないという理由。投資に失敗しても楠本事務次官に責任がいくため。

最終的に川井の遺体を餌に誘われた相馬和樹を倒し、逮捕。楠本事務次官は自首します。

ストーリーの最後は集団でいじめられていた人を元いじめっこ達(反省済)が助けるところで終わります。

ロストジャッジメントの続編の可能性は?

ロストジャッジメントはストーリーが面白く、ネットでも好評です。あとは売上がどのくらいになるかという点ですね。

前作のジャッジアイズは日本で50万本売れました。龍が如くを踏襲しているとはいえ、新作シリーズでハーフミリオンは快挙です。

その前作を上回るほど、ロストジャッジメントが好評であることを考えると続編はある可能性が高いです。

今後、ロストジャッジメントは龍が如くシリーズに取って代わるだろうと予想しています。

龍が如くの主人公「桐生一馬」は龍が如く6で死んだことになり、龍が如く7でも表に出られないと話しています。そして、東城会は解散。

龍が如くシリーズは東城会をめぐるストーリーだったのに、肝心の東城会が解散してしまっては話の展開が困難かなと思われます。

で、今回のロストジャッジメントは、ぶっちゃけた話、桐生一馬を木村拓哉さんに差し替えたと言っても良いでしょう。

それにロストジャッジメントやジャッジアイズは社会問題をテーマにしています。そして、木村拓哉さん演じる八神は探偵業をしているとなると話は幾らでも作れるわけです。

両作とも現代の日本の社会問題を取り上げていて、それがユーザーの心を掴んでいるのではないでしょうか。

あと、木村拓哉さん演じる八神が弁護士として法廷に立つシーンもあり、職業は違いますが、ドラマ「HERO」でも木村拓哉さんが検事として法廷に立っているので、比較すると面白いです。

ドラマ「HERO」はFODプレミアムで見ることができます。会員登録してから2週間は無料なので、2週間を超える前に解約すればお金は一切かかりません。

過去キャラや龍が如くのキャラ

前作のジャッジアイズからは、海藤正治、城崎さおり、源田龍造、星野一生などが登場します。

時系列で言えば、龍が如く7の2年後の2021年なのですが、桐生一馬や真島吾朗などの東城会は登場しません。東城会の名前や6代目の名前が出るのみ。元東城会のキャラは龍が如くでは未登場の新キャラでした。

神室町も舞台に入っているので、少し期待はしたのですが全く登場せず。。。

ロストジャッジメントでは東城会が解散して、その構成員が半グレ組織に流れているストーリーだったので、元東城会の幹部たちが出てきても良かったのですがね。それだとキムタクの出番が減ってしまいますが。

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です