鬼滅の刃最終巻(23巻)や特装版の発売日はいつで表紙予想は誰?

4 min

5月18日に発売されたジャンプ24号で大人気マンガ・鬼滅の刃が最終回を迎えました。人気絶頂の中の完結には本当に驚きましたよね!

さて、ジャンプ本誌で鬼滅の刃を楽しんでいた方と違いコミック派という人は今後の販売スケジュールが気になるでしょう。

5月13日に20巻が発売されたばかりの鬼滅の刃ですが、最終巻となる23巻は12月4日になると予想されます。

鬼滅の刃最終巻となる第23巻の発売日や表紙を飾る人物を考えてみましょう。また、特装版についても見ていきましょう。

スポンサーリンク

鬼滅の刃最終巻は23巻?発売日は?

冒頭でもお話ししたように鬼滅の刃最終巻は第23巻となり発売は2020年12月4日(金)だと予想されます。

鬼滅の刃最終巻について
  • 最終巻は第23巻
  • 発売日は2020年12月4日

鬼滅の刃の単行本1冊あたりに掲載される話数と発売日を確認してみましょう

鬼滅の刃単行本の収録話数
  • 第1巻:1話~7話(全7話) 2016年6月3日発売
  • 第2巻:8話~16話(全9話) 2016年8月4日発売
  • 第3巻:17話~25話(全9話) 2016年10月4日発売
  • 第4巻:26話~34話(全9話) 2016年12月2日発売
  • 第5巻:35話~43話(全9話) 2017年3月3日発売
  • 第6巻:44話~52話(全9話) 2017年5月2日発売
  • 第7巻:53話~61話(全9話) 2017年8月4日発売
  • 第8巻:62話~70話(全9話) 2017年10月4日発売
  • 第9巻:71話~79話(全9話) 2017年12月4日発売
  • 第10巻:80話~88話(全9話) 2018年3月2日発売
  • 第11巻:89話~97話(全9話) 2018年6月4日発売
  • 第12巻:98話~106話(全9話) 2018年8月3日発売
  • 第13巻:107話~115話(全9話) 2018年11月2日発売
  • 第14巻:116話~124話(全9話) 2019年1月4日発売
  • 第15巻:125話~133話(全9話) 2019年4月4日発売
  • 第16巻:134話~142話(全9話) 2019年7月4日発売
  • 第17巻:143話~151話(全9話) 2019年10月4日発売
  • 第18巻:152話~160話(全9話) 2019年12月4日発売
  • 第19巻:161話~169話(全9話) 2020年2月4日発売
  • 第20巻:170話~178話(全9話) 2020年5月13日発売

鬼滅の刃コミックスは第1巻を除く全9話構成となっています。そして本誌となるジャンプ24号で掲載された最終話は第205話です。

以上のことを考えると第21巻は179話~187話、第22巻に188話~196話となり第23巻には197話~205話と9話毎に掲載されるのは間違いないでしょう。

続いて発売日ですが、一般的に「2ヶ月 2ヶ月 3ヶ月」という期間を空けて発売する事が多く、直近3冊の18巻、19巻、20巻はこのペースとなっています。

となると第21巻が7月、第22巻が9月、最終巻となる第23巻が12月となる計算です。

また、鬼滅の刃コミックスには特装版も同時に発売されており第23巻までの発売日とセット内容が既に公開されています。

鬼滅の刃特装版発売スケジュール
  • 第21巻特装版:2020年7月3日発売予定
  • 第22巻同梱版:2020年10月2日発売予定
  • 第23巻同梱版:2020年12月4日発売予定

特装版と単行本の発売日がズレる事はないでしょうから同日にコミックが販売開始となる事は間違いないでしょう。

これらの点をまとめ鬼滅の刃単行本の発売スケジュール予想が以下の通りとなります。

鬼滅の刃単行本予想
  • 第21巻:179話~187話(全9話) 2020年7月4日発売
  • 第22巻:188話~196話(全9話) 2020年9月4日発売
  • 第23巻(最終巻):197話~205話(全9話) 2020年12月4日発売

鬼滅の刃をコミックで読んでいる人・購入し続けている人は2020年末まで楽しめそうですね!

スポンサーリンク

鬼滅の刃最終巻の表紙は誰?

意外に注目されるのが単行本表紙に描かれるキャラクターですよね。鬼滅の刃最終巻に描かれるキャラクターは一体誰になるのか予想してみましょう。

ちなみに過去に表紙に描かれたキャラクターはこちらの通りでした。

鬼滅の刃単行本表紙キャラクター
  • 第1巻:炭治郎・禰豆子
  • 第2巻:炭治郎・鬼舞辻無惨
  • 第3巻:炭治郎・我妻善逸
  • 第4巻:炭治郎・嘴平伊之助
  • 第5巻:冨岡義勇
  • 第6巻:胡蝶しのぶ
  • 第7巻:嘴平伊之助
  • 第8巻:煉獄杏寿郎
  • 第9巻:宇髄天元
  • 第10巻:炭治郎
  • 第11巻:禰豆子
  • 第12巻:時透無一郎
  • 第13巻:不死川玄弥
  • 第14巻:甘露寺蜜璃
  • 第15巻:悲鳴嶼行冥
  • 第16巻:産屋敷夫妻
  • 第17巻:不死川実弥
  • 第18巻:栗花落カナヲ
  • 第19巻:伊黒小芭内
  • 第20巻:始まりの呼吸の剣士

各巻とも内容に深く結びついているキャラクターが表紙として登場していますね。

では、第21巻以降の表紙は誰なのでしょうか?こちらはツイッターなどで沢山の予想が行われていますね。

皆さん色々な予想を投稿しており、どれも可能性としてありそうですよね。

個人的には21巻では鬼滅隊の同期・同年代である無一郎・玄弥もしくは珠代と彼女を敬愛する愈史郎のどちらかかと思います。最終決戦が描かれている21巻で活躍・衝撃のラストを迎えるキャラクターとなっており、可能性としては十分ですよね。

22巻はラスボスとして君臨する無惨で間違いないでしょう!23巻がラストという事を考えると無惨が表紙に登場する機会はここだけだと思います。

最終巻は第1巻の表紙と対比させて炭治郎と禰豆子もしくはオールスターになると予想します。

鬼滅の刃表紙キャラクター予想
  • 第21巻:無一郎・玄弥・珠代・愈史郎
  • 第22巻:無惨
  • 第23巻:炭治郎・禰豆子もしくはオールスター

一体誰が表紙となるのか考えながら発売日を待つのも楽しいですよね。皆さんも是非予想してみて下さい!

スポンサーリンク

鬼滅の刃最終巻の特装版の発売や内容は?

先ほどお話ししましたが鬼滅の刃21巻、22巻、23巻の特装版、同梱版の発売は既に発表されており特典内容も公開されています。

第22巻同梱版内容

鬼滅の刃特装版や同梱版は直ぐに売り切れ状態となってしまいますので確実に欲しい方は予約必須となっています。忘れずに行っておきましょう。

鬼滅の刃最終巻についてまとめると

今回は鬼滅の刃最終巻となる23巻の発売日や表紙のキャラクター、そして特装版・同梱版について見てきました。

5月18日発売のジャンプ24号で遂に最終回を迎えた鬼滅の刃。人気絶頂での終了に驚いた方も多いのではないでしょうか?

超人気マンガの終了を残念に思っている方達も大勢いらっしゃると思いますが、2020年内は残りの単行本がを発売され、最終巻23巻まで続いていくでしょう。また、同時に特装版・同梱版の発売も行われますので購入希望の方は忘れずに予約して下さいね。

4年3ヶ月と長期にわたって連載が続いた鬼滅の刃が終了してしまったのは寂しいですが、2020年内は単行本を楽しんでみてはいかがでしょうか?

もしかしたらサプライズ発表などもあるかもしれませんよ。また、鬼滅の刃に会える事を期待して年内は単行本で作品を楽しみましょう!

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です