iPhone11のカメラがハンドスピナー&タピオカに見える【大喜利】

iPhone11が今回も大げさに発表されました。
 

正直iPhone11のコスパはなかなか良くて、別にスペックや新機能が劇的に進化したわけではないけど、iPhoneXなどに比べれば安く、「特に不足のないスマホ」としては十分過ぎます。

まだ機種変したばかりならiPhone11は不要だけど、「そろそろスマホの機種変しようかなー」くらいに思っていたら、普通にiPhone11は「買い」です。

 
でもね…デザインがね…

特に背面カメラが3つになった(トリプルカメラ)ことで、画質は劇的に向上した代わりに、「人の顔に見える」「タピオカ」「ハンドスピナー」と順調にユーザーにバカにされております。
 

トリプルカメラ…タピオカでは?

iPhone11、なんだかんだお得だとは思います。

劇的に進化してるわけではないけど、値段もそれなりに安いので。

 
でもさぁアップル…そのタピオカカメラはなんだい…?


 

最初、蓮コラかと思いましたよ。

ちなみに過去のiPhoneのカメラはこんな感じ。

 
やっぱり、画質が上がるとしてもカメラレンズの大きさは小さいほうが良いと思うのです。

さらに言うと、タピオカ2つも3つも並べるといくつも穴空いてるみたいだし、これがホントにアップルのスタイリッシュなデザインなのか…
 

最近は、パソコンもおろし金デザインにするし。

これはジョブズも草葉の陰から泣いてますわ。
 

タピオカカメラが大喜利状態に

さっそく、タピオカカメラがツイッターでバカにされ話題になっています。
 
もはや大喜利のおもちゃ状態に。

・ハンドスピナー
・コダマ
・装甲騎兵ボトムズ
・IHコンロ

ちなみに、日本人は今流行りのタピオカが一押し。

一方で外人は、ハンドスピナーに見えると突っ込んでる人が多いっぽいです。個人的に、IHコンロが一番笑いました(笑)

 

トリプルタピオカは「pro」シリーズだけ

ちなみに、ハンドスピナーだのIHコンロだのバカにされてるトリプルカメラですが、正確にはiPhone11シリーズの「pro」「pro MAX」のみに採用されています。

 
今回発表されたのは3種。
iPhone 11 Pro Max:6.5インチ有機EL。11万9800円

iPhone 11 Pro:5.8インチ有機EL。10万6800円
iPhone 11:6.1インチ液晶ディスプレイ。7万4800円

 
ちなみに、分かりづらいですがいずれも去年発売された「iPhone10」の後継機です。

XS Max → 11 Pro Max
XS → 11 Pro
XR → iPhone 11

 

そして、トリプルカメラつきなのは「11 pro」「11 Pro Max」のみです。一番グレードの低い「iPhone11」はダブルカメラとなっています。

(いや、結局タピオカであることに変わりはないけど…)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です