堀江貴文(ホリエモン)の都知事選出馬は?政党はどこで売名目的?

4 min

元ライブドア社長であり現在は実業家として活躍するホリエモンこと堀江貴文さんが都知事選に出馬する可能性が浮上しました。

様々なメディアによって取り上げられている堀江貴文さんの出馬ですが、どうやらかなり可能性が高い様子。小池都知事に宣戦布告ととれるツイートを投稿したり、告示日直前である5月30日には「東京大改革」という書籍を出版する等、出馬への準備を着々と進めていると言われています。

さらに堀江貴文さん周辺の人からは「出馬の確率は99%」という発言も飛び出しているんです。

また、今回の出馬は堀江貴文さんにとっては結果がどう転ぼうがメリットしかないと言われています。

2020年7月に開催される都知事選への堀江貴文さん出馬の可能性や目的を見ていきましょう。

スポンサーリンク

堀江貴文(ホリエモン)が都知事選へ出馬する可能性は?

冒頭でもお話ししたように堀江貴文さんが都知事選へと出馬する可能性はかなり高いと言われています。

では、堀江貴文さん出馬を裏付ける出来事を見てみましょう。

堀江貴文出馬が噂される理由
  • 小池都知事とのツイート
  • 5月30日書籍発売
  • 知人・周囲の人物の発言

堀江貴文さんが今回都知事選へと出馬すると言われているのは以上の様な理由であり、どれも選挙が近づいて来た時期に起こった事ばかりです。

まずは現東京都知事である小池百合子氏とのツイッター上でのやりとりから見ていきましょう。

5月19日、東スポwebで堀江貴文さんが東京都知事選へと出馬すると報道され、その翌日に記者から現都知事である小池百合子氏にどの様に感じているのか質問が投げかけられました。

この質問に対して小池都知事は「特にない」「(堀江貴文さんの出馬は)まあ賑やかなこと」と笑顔で返答しており、余裕をとも取れる対応を行いましたね。

そんな彼女に対して堀江貴文さんが行ったツイートが「コロナ危機利用してるから余裕だな」という内容であり宣戦布告とも取れる物だったんです。

堀江貴文さんという強力なライバルが登場するともっと焦ってもいいように感じるですが少しもその様な様子を見せずに対応した小池都知事と宣戦布告ともとれる発言を行い注目を集める事となった堀江貴文さん。

都知事選はまだ先の事となっていますが、水面下では既に火花散る状況となっていそうですね。

このやり取り以外にも堀江貴文さんが5月30日に出版する書籍にも注目が集まっています。

彼が5月30日に出版する書籍のタイトルは「東京改造計画」となっており「江戸城再建」「東京メトロと都営地下鉄を合併・民営化する」「築地市場跡地のブランド化」など東京を改変する為に堀江貴文さんが考えた計画が記載され、まるで都知事へのマニフェストとも獲れる内容になっています。

都知事選告示が6月18日に行われる事を合わせて考えるとこの書籍発売があまりにもタイミングが良さすぎると思いませんか?今回の選挙に合わせて発売したと考えるのが自然でしょう。

さらに彼の周辺の人物が「出馬する確率99%」と発言している他、多数の著名人が「堀江貴文出馬」という報道を受け、様々なコメントをメディアを通して発信しています。

5月19日の東スポwebは「出馬に踏み切る可能性が高い」としたほか、20日未明のスポーツ報知の記事によると、堀江氏の周辺は「正式な出馬表明は告示直前」で、出馬の可能性について「99%」としているという。

https://news.nifty.com/article/domestic/society/12144-667160/

周辺人物の「99%」という発言やこれだけの著名人が堀江貴文さん出馬に反応している事を考えると単純なデマカセとはとても考えられないですよね。

現東京都知事である小池百合子氏への宣戦布告、書籍の発売とタイミング、周辺人物・著名人の発言など全てを複合的に考えて堀江貴文さんが東京都知事選へと出馬する可能性は非常に高いと言えるでしょう

スポンサーリンク

堀江貴文(ホリエモン)はどこの政党から出馬する?

堀江貴文さんが出馬となった場合、党首である立花孝志さんとの交友関係を考えNHKから国民を守る党・通称N国堂からだと言われています。

2人は2019年9月に堀江貴文さんのYoutubeチャンネル・ホリエモンチャンネルで共演し話題になっていました。

この異例の対談で2人はとても仲が良さそうに話をしており、堀江貴文さんの立花孝志さんが超有能な人物である事を認めていました。

また、立花貴文さんも堀江貴文さんと意気投合したのか「ホリエモンをN国党の公認候補者にする」と発表しています。

この事から考えて堀江貴文さんはN国党から立候補すると考えるのがとても自然ですよね。「もしかしたらこの時の対談をきっかけに都知事選への出馬を考えたのでは?」とさえ思えてきます!

スポンサーリンク

堀江貴文(ホリエモン)が出馬する目的は売名行為?

冒頭でもお話ししたように堀江貴文さんが都知事選へと出馬する事は彼にとってメリットしかないと言えるでしょう。

仮に出馬し当選するならそれに越したことはないでしょうし、「東京改造計画」という書籍を出版する事から堀江貴文さんが東京都の政治に興味を持っている事は間違いないです。

また、落選したとしても「堀江貴文出馬」という事実は大きく報道され今以上注目が集まり、その結果、彼のYoutubeチャンネルの登録者は激増します。

つまり当選・落選に関わずメリットは存在するという事なんです。

強いてデメリットを考えるとすれば選挙出馬時に支払う供託金と言われる300百万円でしょうが、このお金は全投票数の10分の1以上を獲得すると返金されます。

堀江貴文さんが出馬すると10分の1以上の得票数を獲得する事は難しくないでしょうから実質、供託金無しで自身の宣伝を行う事が出来るという訳ですね。

また、10分の1以上の得票数を獲得できなかったとしても300万円をプロモーション代金と考えると決して高くないとも言われています。

様々なケースを考えてもメリットが存在する今回の出馬。現状の地位を築き上げた堀江貴文さんの手腕は物凄い物がありますよね。

堀江貴文(ホリエモン)の都知事選出馬についてまとめると

今回は堀江貴文さんの都知事出馬について見てきました。

様々な理由から7月に開催される都知事選への出馬を確実視される堀江貴文さん。彼が選挙に登場するとなると2005年以来の事となり、大いに注目があるまるのは明らかですよね。

約15年振りに選挙へと出馬する可能性が高い堀江貴文さんですが、今回の都知事選がメリットだらけと考えるとその理由も頷けます。

どんな理由であれ、堀江貴文さん出馬となると今回の都知事選は本当に目が離せない物になるのは確実です。

東京都知事選告示日となる2020年6月18日に「堀江貴文」という名前がある事を楽しみに待ちましょう!彼が登場すると今回の都知事選は大盛り上がりとなる事間違いなしです!

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です