ハイチのクーデターの犯人や組織は?大統領を襲撃した理由

2 min

ハイチの大統領が自宅で襲撃され亡くなりました。

襲撃した組織は正体不明の集団で何者かすら分かっていません。今年の2月にもクーデター未遂が起きているのでその残党の可能性もあります。

この記事では、ハイチのクーデターの犯人や組織、大統領を襲撃した理由について調べました。

ハイチの大統領が自宅で襲撃される

7月7日、ハイチのモイーズ大統領が自宅で襲撃に遭いました。残念ながら亡くなられています。

ジョゼフ暫定首相によると、大統領を襲撃した奇襲部隊は正体不明の集団と発表。モイーズ大統領が亡くなられたため、全権力はジョゼフ暫定首相が掌握しました

ハイチの大統領を襲撃した犯人や組織は?

ハイチの大統領を襲撃した犯人や組織は正体不明の集団ですが、英語とスペイン語を話していたので外国人の集団とジョゼフ暫定首相が発表しています。

今年2月にクーデター未遂があり、そのときは最高裁判事や国家警察幹部ら23人が逮捕されています。今回の襲撃は当時のクーデターの残党の可能性も。

他にはハイチの大統領と対立している勢力や大統領への不満分子の可能性もあります。

モイーズ大統領は1年間議会の承認を得ずに大統領権限を使ったり、任期が2022年2月と主張するなど独裁化が進んでいます。

治安も悪くギャングが横行していたので、それに不満を持った人たちも多数いました。

これらを考えると、モイーズ大統領はいつ誰に襲撃されてもおかしくない状況ということになります。結果、正体不明の集団に襲撃されたのですが。。。

大統領を襲撃した理由

大統領を襲撃した犯人が捕まっていないので、クーデターを起こした理由は分かっていませんが、モイーズ大統領に不満を持つ人や対立勢力は以前からいました。

今年の2月に最高裁判事や国家警察がクーデターを起きています。このときの襲撃理由はモイーズ大統領を逮捕して暫定大統領を誕生させることでした。

もし、その残党がいれば今回の襲撃も暫定大統領を立てることが目的だったかもしれません。実際にジョゼフ暫定首相が全権限を掌握していますし。

いまのところ、犯人が捕まっていないので憶測の域を出ませんが、新しい情報が判明次第、ご紹介します。

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です