韓国がジーソミア(GSOMIA)の破棄を撤回した理由はなぜ?【延長の背景】

2019年の11月23日に失効予定だったジーソミア(GSOMIA)
 

その前日の22日になって、韓国大統領のムンジェイン氏はジーソミアの撤回を【条件付きで】破棄しました。

これで日本と韓国、アメリカの3カ国によるジーソミアは維持されることになり、問題も無事解決…と言いたいところですが、残念ながら現状ではただの問題の先送りです。

 
早ければ1年以内に、再び同じような問題が起きる可能性は高いです。

韓国側はなぜ、このタイミングでジーソミア延長を決めたのか?その理由。また、実際には問題はあまり解決していない訳を、わかりやすく簡単に説明していきます。
 

ジーソミア問題の経緯をすごく簡単に説明

ジーソミアとは、簡単に言えば日米韓の軍事同盟

と言っても共同で訓練をするとかではなく、情報共有がメインです。特に大きいのが北朝鮮情勢で、ミサイルの発射&着弾予想であったり、北朝鮮の動向(脱北者等)などの情報交換であったり。

 
2019年8月に日本が韓国へ、一部輸出規制を強化。

(実質的に)韓国はその報復措置として、1年ごとに更新されるジーソミアを延長しないことを発表。
 

どちらも議論は平行線で、このままだと11月23日をもってジーソミアは失効…というところで、韓国側が折れたわけです。韓国側にしてみれば、ケンカをふっかけた相手に頭を下げて拳を収めさせるイメージでしょうか。

今回のジーソミア問題がどういう流れで発生し、仮にジーソミアが撤回された場合には日本にどんな影響があるのか?また日本と韓国どちらに影響があるのか
等は他の記事でまとめています。

ジーソミア(GSOMIA)とは?わかりやすく解説【破棄の日本への影響】

 

ジーソミア破棄を撤回し、延期になった理由とは?

なぜ、韓国は土壇場でジーソミア延長を決めたのか?

理由は大きく分けて3つあると考えられます。

・アメリカからの圧力
・政権からの圧力
・国民からの圧力

 

アメリカからの圧力

「アメリカは、GSOMIAを韓日米安全保障協力の象徴として考えている。アメリカの立場としては韓日米の協力維持が重要なだけに、GSOMIAを維持するよう、韓国だけでなく日本にも強く圧力をかけている」

これは韓国の国防部長官の発言です。

 
例えば、最近アメリカは韓国に在韓米軍の一個旅団を撤退させる通告をしていました。

「韓国が防衛費をもうちょっと負担してくれないと、撤退させちゃうぞ♪」

というわけです。
 

一見、ジーソミアの件には関係ないように見えます。

でも実際には「ジーソミアに応じなければこういう厳しい条件もガンガン出してくぞ?ホントにええんか?お?」みたいな脅しなわけですね。もしジーソミア破棄の話が出ていなければ、在韓米軍撤退の話は出なかったはずです。

ちなみに、朝鮮半島はいちおう現在も「休戦状態」であり、いつ戦争再開してもおかしくない状態ではあるので、北朝鮮の脅威を前に一部とはいえ在韓米軍に撤退されてしまうとかなりのダメージがあります。
 

では、なぜアメリカはこれほどジーソミアを維持したいのか?

そもそもジーソミア自体、アメリカが日本と韓国に提案したもので、これを破棄して機能不全に陥らせること自体、アメリカのメンツを潰すことになります。

また、単純にジーソミアが破棄されてしまえば情報共有もしづらくなるし、日米韓の連携のシンボルも失われてしまうし、防衛においても何1ついいことがありません。
 

だから、アメリカは韓国に圧力をかけていたわけです。

そしてジーソミアがそのまま破棄されてしまえば、在韓米軍の撤退が現実的に…それどころか、さらに圧力を強められる可能性もあり、世界一のジャイアンに目をつけられてしまうのは韓国としては相当なリスクがあるわけですね。
 

政権からの圧力

現在の韓国大統領は、どちらかといえば「北朝鮮寄り」です。

大統領就任前から北朝鮮との関係改善を目指していることは知られており、実際に今韓国と北朝鮮は以前よりも「統一ムード」を演出しています。
 

ですが、北の将軍様から見ればムンジェインはしょせん口だけ。

ーソミアなんて協定を敵国(日本とアメリカ)と結んで、自分たちの情報を勝手にバラしているわけです。いくら仲良くしたいと言われても、ジーソミア協定があったのでは簡単には韓国を信用できません。

 
だからムン大統領にとって、ジーソミア破棄は「想定内」だった可能性もあるわけです。

どっちにしろ破棄しようと思ってたけど、ちょうど日本と輸入の問題で盛り上がってるから、ジーソミアを人質にしてやろう的な。実際、日本側も輸入規制の報復としてジーソミアを盾にするとは考えてもいませんでしたし。

 
ただ、やっぱり政権からの突き上げも大きかったはずです。

実際、反日感情抜きで考えてみれば、ジーソミアを破棄しても韓国側には何1ついいことがありません。(本当に北朝鮮や中国がいるレッドチームに入りたいと考えているなら別ですgあ)

これは日本にとっても同じで、ジーソミアがマイナスになることはないわけです。
 

おまけに、ジーソミアを破棄してしまえばアメリカからの圧力や制裁が飛んでくることは必須…

政治家は頭はいいわけですから、冷静な人からすればジーソミア破棄を必死で止めたいのは言うまでもありません。なのでムンジェインの政権からも、「ジーソミア延長すべき!」という突き上げが確実にあったと思われます。

 

国民からの圧力

あとは、やはり国民からの圧力。

データ的に言えば、韓国人の多数はジーソミアの破棄を支持しています。
 

実際、

ジーソミアの破棄の決定をそのまま維持すべきか?

という問いにYESと答えた人は55%。

 
ただ、反対派も結構な割合いるわけです。

繰り返しになりますが、反日感情、反韓感情を除けばジーソミアを破棄するメリットはありません。

実際、輸出規制や反韓感情の高まり(どちらかといえばこっちが重要かも)で韓国への日本人観光客が劇的に減れば、それは韓国経済の打撃になりますし、結果的にあとあと自分の支持率を下げることになります。

ムン大統領の支持率は一時的に下がると思われる

ジーソミア破棄を支持する人が55%いると考えれば、韓国の国民は大いに不満を持つはずです。

韓国人からしてみれば

ケンカを売ってきた相手に、頭を下げて謝った

という状態ですからね。

だからこそムンジェイン大統領としても「条件付きの延長」という言葉を選んだはずです。

あくまで自分たちは相手に少し譲歩しただけで、日本が応じなければ即座にジーソミアを切る覚悟があるぞという。ただ、これで日韓関係が改善に迎えば経済には確実にプラスになるので、長期的にみれば支持率は上がるような感じもします。


 

ジーソミア延長は問題の先送り?

今回の記事の冒頭でも書いた通り、結局は単なる問題の先送りと言えます。

というのも、今回ジーソミアの破棄を撤回したものの、これは条件付き。その条件はまだ具体的には決まっていませんが、「輸出規制の議論が進んでいる限りは、ジーソミアの破棄はしないよ」というわけです。
 

日本が輸出規制したフッ化水素等のことですね。

フッ化水素の詳細はこちら。
韓国フッ化水素の横流しの証拠はある?禁輸制裁の経緯と問題点

 
でも、そもそもの話。

輸出規制に関する話し合いが一切進展しなかったから、ジーソミアの破棄とか言い出して、最終日ギリギリまで破棄するかどうか揺れたわけです。

なら、韓国も日本も譲歩しない限り、輸出規制の話し合いなんて進展せずにすぐにストップしてしまう可能性が高いわけですね。
 

ジーソミアが更新されれば、とりあえずまた1年は続きます。

でも、このまま行くと必ずなにか有る度に

ジーソミア、破棄しよっかなぁ…?(チラッ)

みたいなことになります。
 

なので今回のジーソミア延長は、とりあえず1年間の延長が決まっただけのもの。今後、同じような問題が再燃する可能性は大いにあると思って良いですね。

(もっとも、韓国も今回の日本の反応で、ジーソミアを解消するのはそれほど強力なカードにならないことは学んだと思いますが)」

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です