深田恭子が適応障害で活動休止はいつまで?再開や復帰はいつ?

3 min

俳優の深田恭子さんが適応障害の治療に専念するために芸能活動を休止するとホリプロから発表がありました。

急すぎてめっちゃ驚いてますが、メディアの露出が少なかったので既に治療を開始していて、休止の発表を見計らってたのかなと思ってます。それでもショックですが。。。

7月のドラマは全部降板ですが、ルパンの娘の映画はどうなるか心配になりますね。適応障害って治療にすごく時間がかかると聞きますし。

今回は深田恭子さんが適応障害で活動休止がいつまでなのか?芸能活動の再開や復帰がいつなのかについても予想しました。

深田恭子が適応障害で活動休止を発表

ホリプロから深田恭子さんの活動休止が発表されました。活動休止の理由は適応障害です。

急すぎてびっくりしましたが、ホリプロによると去年の春から体調が優れなかったようですね。。。

人気女優の深田恭子さんが、「適応障害」の治療のため、当面の間仕事を休むと所属事務所が発表した。ホリプロが発表した発表文の内容は以下の通り。「私ども所属の女優 深田恭子ですが、昨年春ごろから体調を崩しがちとなり、今月に入り医師より『適応障害』と診断されました。これにより当面の間 治療を優先し、お仕事をお休みさせていただきます。これに伴い、予定されていた7月期のフジテレビ連続ドラマを降板することになりました。

関係者の皆様には大変なご迷惑をおかけすることを心からお詫び申し上げるとともに、私どもとしましても、深田恭子をできる限りサポートしてゆきたいと存じます。」

https://www.fnn.jp

今月の5月初めに医者の診断で適応障害と診断されたようです。

適応障害の原因は様々あるようですが、原因は仕事だけでなくプライベート面でもストレスが溜まる生活を送っていたのかもしれません。

日本も緊急事態宣言がずっと発令されていて外出することが難しいし、東京となると更に感染対策とかに気を使わないといけないので、そこに関しても神経をすり減らしていたのかもしれませんね。

深田恭子が患っている適応障害とは?

適応障害はざっくりいうとストレスが身体や精神に悪影響を与える病気です。見方によっては、うつ病の一歩手前の状態のようです。

適応障害とは、ICD-10(世界保健機構の診断ガイドライン)によると「ストレス因により引き起こされる情緒面や行動面の症状で、社会的機能が著しく障害されている状態」と定義されています。

ストレスとは「重大な生活上の変化やストレスに満ちた生活上の出来事」です。ストレス因は、個人レベルから災害など地域社会を巻き込むようなレベルまで様々です。

また、ある人はストレスに感じることがほかの人はそうでなかったりと、個人のストレスに対する感じ方や耐性も大きな影響を及ぼします。つまり適応障害とは、ある生活の変化や出来事がその人にとって重大で、普段の生活がおくれないほど抑うつ気分、不安や心配が強く、それが明らかに正常の範囲を逸脱している状態といえます。

さらに、ICD-10の診断ガイドラインを見ると、「発症は通常生活の変化やストレス性の出来事が生じて1カ月以内であり、ストレスが終結してから6カ月以上症状が持続することはない」とされています。ただしストレスが慢性的に存在する場合は症状も慢性に経過します。

もうひとつ重要な点は、ほかの病気が除外される必要があります。統合失調症、うつ病などの気分障害や不安障害などの診断基準を満たす場合はこちらの診断が優先されることになります。

いったいどれくらいの人が適応障害になっているかというと、ヨーロッパでの報告によると、一般的には人口の1%といわれています。日本での末期がん患者の適応障害有病率の調査では、16.3%といわれています。

しかし適応障害と診断されても、5年後には40%以上の人がうつ病などの診断名に変更されています。つまり、適応障害は実はその後の重篤な病気の前段階の可能性もあるといえます。

https://www.mhlw.go.jp

これは厚生労働省のサイトにある適応障害の概要ですが、普段の生活からストレスによって体調の変化が起きてから1ヶ月以内に適応障害が発症するようです。

発症から6ヶ月以上適応障害が続くことはないとのことですが、常にストレスで悪影響があれば適応障害は継続されるみたいですね。

深田恭子さんは去年の春から体調が悪かったとのことなので、その時から適応障害を患っていた可能性が高いですね。今年の5月に医者から適応障害と診断されているので。それまでは診断を受けてなかったのでわからなかったのでしょうね。。。

適応障害の原因は?

適応障害の原因は一般的に以下があげられます。

・仕事、学校などに置けるストレス
人間関係、いじめ、パワハラ、セクハラ、仕事でのミス、多忙、仕事量、転校・転勤、昇学・昇級・降級など

・日常生活に置けるストレス
喧嘩、失恋、引っ越し、騒音、近所トラブル、金銭の貧窮、結婚、出産、育児など

・本人に関すること
これまでストレスに無縁だった、自己表現が苦手、完璧主義、頼まれると断れない、0か100で物事をとらえる、人の発した言葉を考え込む、自分のストレス解消法を見つけていないなど

深田恭子さんだと仕事量はかなり多いので、仕事が原因ではないでしょうか。ドラマやCMにも引っ張りだこですし、14歳のデビューからずっと売れっ子なのでずっと多忙だったと思います。

深田恭子さん自身に関することであれば、急にストレスにさらされる状況が起きたのかもしれません。いまは緊急事態宣言で外出がしづらいので、もしかすると外出できないのがストレスの原因かも。

いづれにせよ、活動休止になるほどのストレスと考えるとよっぽど強いものかもしれませんね。。。

深田恭子の活動休止はいつまで?再開や復帰はいつ?

深田恭子さんの活動休止は今日発表されたのでいつまでなのかは分かっていませんが、7月のドラマは全て降板すると発表しているので、少なくとも7月に仕事の再開や芸能活動の復帰は難しいでしょう。

世界保健機構の診断ガイドラインによると、適応障害は慢性的なストレスがなければ6ヶ月以内に改善されるとのこと。

医者に診断されたのが5月初めなので、その時点で治療を開始してストレスの原因を取り除くことができれば、発症してから6ヶ月後の11月末には復帰できるのかなと予想しています。

もっとも、これは目安であり、適応障害の原因のストレスを取り除かないと、深田恭子さんの復帰が来年になる可能性もあります。

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です